[0523] 2017年5月の工房ショップのお知らせ。

今週末の5/27(土)、28(日)は月に一度の工房ショップの営業日です。
定番のチェア、テーブル、キャビネットなどの家具や木のかご、トレーなどの小物を展示しています。
実際に手を触れて、使い心地や木の質感を体感して頂けます。
また、オーダー家具のご相談も承ります。
家具、インテリア、収納などのお悩みなどありましたらお気軽にご相談下さい。

製作の方は「チークの表札」が完成。
また、「桧の下駄箱」、「桧の小棚」も完成の目処が立ってきました。
工房中に桧の良い香りが立ち込めており、清々しい気分になります。


深見木藝 HP こちら→


diary_170523_1.jpg
表札の製作風景。
昨今はレーザー加工で簡単に掘り込み加工ができる時代ですが、
手で彫刻刀で彫るのとでは味わいに違いが出てきます。
簡単に綺麗にできてしまうことは良いことばかりではない気がします。


diary_170523_2.jpg
「桧の小棚」の仕上げ風景。
桧の家具も清潔感があって良いです。

お店 | CM 0│18時頃 |

[0520] 桧の下駄箱、小棚の製作 2

引き続き、桧の下駄箱、小棚の製作を進めています。

今回製作している下駄箱はベンチとして使えるように高さの低いものになります。
収納力はあまりありませんが、高さのあるものを置いてしまうと圧迫感が出てしまいますので広さを考慮して低い造りにすることになりました。

また小棚はキッチンが直接見えないように「目隠し」として置くものになります。
奥行きが140mmと非常に狭い棚です。
小物と本、雑誌なのを立てかけて飾れるようなイメージです。

どちらも既製品には無いような家具なので製作しながら完成が楽しみです。


深見木藝 HP こちら→


diary_170520_1.jpg
楓の丸棒削り。 
桧は強度が無いので必要な箇所は堅い楓を使います。



diary_170520_2.jpg
製作途中の下駄箱の本体。


製作 | CM 0│16時頃 |

[0515] 桧の下駄箱、小棚の製作

名古屋市、S様からご依頼頂きました桧(ヒノキ)の下駄箱と小棚の製作に取りかかりました。

桧を使うのは久しぶりです。
今回はご依頼主のお宅の内装に合わせて桧を選びました。

とても良い木曽桧が手に入ったのでこの材料に見合う家具に仕上げたいと思います。


深見木藝 HP こちら→


diary_170515_1.jpg
木取り前の材料。木表無節。

diary_170515_2.jpg
正真正銘の木曽桧!

diary_170515_3.jpg
木の表情を言葉で表すのは難しいのですが、桧は「清潔感」という言葉がしっくりきます。

製作 | CM 0│21時頃 |

[0510] 壁面収納棚の設置作業。

昨日は名古屋市、S様からご依頼頂きました壁面収納棚の設置作業を行いました。
スペースと使い勝手に合わせて作れるのはオーダー家具ならでは。
無垢の木を使った家具は重厚感がありながらも優しい雰囲気になります。
一日で作業が終わらず、また後日残りの調整作業を行います。

深見木藝 HP こちら→

diary_170510_1.jpg
寝室の壁面収納棚



diary_170510_2.jpg
洗面横の壁面収納棚

製作 | CM 0│11時頃 |

[0510] スタッフ募集のお知らせ。

深見木藝では製作スタッフを募集しております。
ものづくりが好きな方、自分の技術を活かしたい方、将来独立したい方など、目標をもって取り組んで頂ける方を望んでいます。
詳しくはホームページをご覧下さい。

スタッフ募集について こちら→


お知らせ | CM 0│11時頃 |

| main | next »

プロフィール

深見木藝

Author:深見木藝
_
家具、注文家具/デザイン、製作。
名古屋市中村区乾出町3-26
        1F/工房 2F/Shop
tel/052-482-1200