[0404] 「真鍮の棚受け」完成。

「真鍮の棚受け」が完成しました。
明日発送させて頂きます。

また、名古屋市、F様からご依頼いただきました「栗の懸仏飾り板」が完成しました。
骨董品の懸仏にどのように合わせるか悩みましたが、最終的に仕上げには胡粉を使うことにしました。


深見木藝 HP こちら→


diary_170404_2.jpg
「真鍮の棚受け」 大/L200 小/L150


diary_170404_3.jpg



diary_170404_1.jpg
「栗の懸仏飾り板」



製作 | CM 0│18時頃 |

[0329] 真鍮金物の製作。

CO2WORKSさんからご依頼頂きました「真鍮の棚受け」、名古屋、F様からご依頼頂きました「真鍮のカーテンレール」の製作を進めています。

最近、人気のある真鍮 。
経年変化の味わい、というのが広く浸透してきた証のような気がします。


深見木藝 HP こちら→


diary_170329_1.jpg
「真鍮の棚受け」部材。


diary_170329_2.jpg
「真鍮の棚受け」製作の様子。



製作 | CM 0│21時頃 |

[0113] ダイニングテーブル×2の製作 2。

引き続き、ダイニングテーブル2台の製作を進めています。
明日は天板の仕上げなどの予定。
名古屋は雪の予報ですが、防寒して臨みます。

深見木藝 HP こちら→


diary_17013_1.jpg
ダイニングテーブルの脚削り風景。



diary_17013_2.jpg
「栗の木のかご」の写真を撮っています。

diary_17013_3.jpg
伝わる写真って難しいです・・・



製作 | CM 0│18時頃 |

[1208] 2016年12月8日の製作。

「楓と真鍮のハンガーラック」は本体が完成し、フックの作業に取りかかりました。
既製品も探すには探すのですが家具の雰囲気に合うものが無いので面倒でも自分で作ります。
厚みのある真鍮を曲げるのは地味に大変な作業です。

「クルミの収納棚」も順調に進行中です。

深見木藝 HP こちら→


diary_161208.jpg
完成間近の「楓と真鍮のハンガーラック」


diary_161208_2.jpg
ハンガーラックに取り付けるフックの製作


diary_161208_3.jpg
「クルミの収納棚」製作風景

製作 | CM 0│22時頃 |

[1201] 2016年12月1日の製作。

12月に入り、今年も残り1ヶ月となりました。
気持ちよく年を越せる様に年内に終わらせないといけない仕事を着実に進めていきたいと思います。

「楢の食器戸棚」、「木と鉄のハンガーラック」の納品を終え、
名古屋市、H様からご依頼頂きました「楓と真鍮のハンガーラック」と名古屋市、K様からご依頼頂きました「クルミの収納棚」の製作を進めています。


深見木藝 HP こちら→


diary_161201_5.jpg
「楓と真鍮のハンガーラック」の部材。
頑丈な組み手で作っています。。

diary_161201_6.jpg
「クルミの収納棚」用の木取りを終えた部材。
数日乾燥させます。



diary_161201_1.jpg
納品させて頂きました「楢の食器戸棚」。
見せる収納としてデザインしていますので家具単体で見ると少し寂しい感じもしますが、
食器や本、小物などレイアウトして頂くと雰囲気が随分変わります。

diary_161201_2.jpg
この引出しがポイントになっています。


diary_161201_3.jpg
「木と鉄のハンガーラック」
セミオーダーにて下に棚板を設置しました。

diary_161201_4.jpg
木部はウォールナットを使用しています。
真鍮のピンがアクセントに。

製作 | CM 0│21時頃 |

| main | next »

プロフィール

深見木藝

Author:深見木藝
_
家具、注文家具/デザイン、製作。
名古屋市中村区乾出町3-26
        1F/工房 2F/Shop
tel/052-482-1200