[0217] 「楢のキッチン+カウンターシェルフ」

深見木藝 HPの商品カタログに「楢のキッチン+カウンターシェルフ」を追加しました。
よろしければご覧ください。


深見木藝 HP こちら→


works_narakitchen2_1 
「楢のキッチン+カウンターシェルフ」

works_narakitchen2_2 



works_narakitchen2_3 


works_narakitchen2_4 

商品 | CM 0│07時頃 |

[0201] 「真鍮の表札」完成。

ご注文頂きました「真鍮の表札」が完成しました。
明日発送します。
喜んで頂ければ幸いです。


深見木藝 HP こちら→


diary_180202_1.jpg
真鍮の表札 120×120

diary_180202_2.jpg

diary_180202_3.jpg

商品 | CM 0│17時頃 |

[1218] 「楢と鉄のダイニングテーブル+ベンチ」納品しました。

先日、岡崎市、T様からご注文頂きました「楢と鉄のダイニングテーブル+ベンチ」を設置させて頂きました。
ご相談頂いた当初は造り付けではなく、通常の置きタイプを検討していましたが、どうしても脚が太く無骨になりすく、ご依頼主の希望に合いませんでした。
そこで丁度、テーブルを置く片側がキッチン横の壁になっていたので、片側を壁面に固定する方法を提案しました。
その御陰で脚の材料も非常に細いものを使うことができ、着座時の足元の空間にも広がりが生まれました。
掃除も楽でオススメです。
ご依頼主にも喜んで頂きました。



深見木藝 HP こちら→


diary_171218_1.jpg
「楢と鉄のダイニングテーブル+ベンチ」(チェアは既製品です。)

diary_171218_2.jpg
造り付けにすることでテーブルの脚とベンチの脚のバランスが良くなります。

商品 | CM 0│17時頃 |

[1212] 「楢のワゴン」完成。

豊橋市、Y様からご依頼頂きました「楢のワゴン」が完成しました。
ダイニングテーブルの下に入るような小さめのワゴンです。
気に入って頂ければ幸いです。

「楢のダイニングテーブル+ベンチ」も完成し、最後のワックス仕上げを残すのみ。
今回のテーブルは造り付けのため、現場での設置作業になります。

毎年この時期になると来年の予定だったり、方針などを考えるようになります。
ここ数年は受注製作が多かったこともあり仕事も精神的にも内向きになっていましたが、来年はもう少し外に開いていくように意識をもっていこうと思っています。


深見木藝 HP こちら→


diary_171212_1.jpg
「楢のワゴン」

diary_171212_2.jpg
取手には革を巻いています。



diary_171212_3.jpg
ワゴン取手の革縫い作業風景

diary_171212_4.jpg
ベンチ脚の革巻き

商品 | CM 0│16時頃 |

[1116] 「楢のダイニングテーブル+チェア」納品しました。

名古屋市、Y様からご依頼頂きました「楢のダイニングテーブル+チェア」を納品しました。

今回は楢材を使用し、仕上げはオイルフィニッシュのブラウンを選びました。
ブラウンにすることで空間が締まった印象です。
雰囲気にも馴染んでおり、喜んで頂きました。
有り難うございました。


製作の方は岡崎市、Y様からご依頼頂きました「楢と鉄のダイニングテーブル+ベンチ」、豊橋市、Y様からご依頼頂きました「楢と鉄のワゴン」に取りかかりました。

どちらのご依頼も鉄を使います。
まずは金属の加工から開始です。


深見木藝 HP →こちら


diary_171116_1.jpg
「楢のダイニングテーブル+5th.chair」

diary_171116_2.jpg
テーブル天板は放射状に鉋の削り跡を残しています。
窓からの明かりが差し込むと凹凸が美しく浮かび上がります。



diary_171116_3.jpg
テーブル、ベンチ、ワゴン用の金属加工風景。


商品 | CM 0│14時頃 |

| main | next »

プロフィール

深見木藝

Author:深見木藝
_
家具、注文家具/デザイン、製作。
名古屋市中村区乾出町3-26
        1F/工房 2F/Shop
tel/052-482-1200